ウエディングドレスを着てびっくり!背中ニキビがある!

私は肌の綺麗さには自信がありました。もともと色が白く、学生時代こそ顔にポツポツとニキビができたものの、大人になってから吹き出物とは無縁だったのです。しかし、付き合っていた男性と結婚式を挙げることになり、ドレス選びをしていたときに意外な事実が判明します。

それは、背中にニキビができていたことです。下着のホックが当たる部分より少し上のあたりで、自分では鏡越しじゃないと見えないような、微妙な場所にできていました。目が悪い私は、裸眼だとほとんど見えません。そのため、お風呂上がりに裸でいるときも、背中ニキビを目視できなかったのです。最近はプールや海で水着になる機会もなく、露出の多い服を着ることもなかったため、ずっと背中ニキビに気づかず放置している状態でした。

正直「ドレスで隠れるなら大丈夫かな」と考えていたのですが、私が気に入ったのは、背中がかなり見えるタイプのドレスでした。せっかくの結婚式ですから、背中ニキビのせいで着たいドレスを着られないなんて悲しすぎます。私は「挙式当日までに、この背中ニキビを何とかしよう!」と決意しました。

ところが、事はそう簡単ではありません。なにしろニキビができた部分は、背中でも手がうまく届かない場所です。新婚の夫に「ニキビの薬を塗って」と頼むのは恥ずかしく、綿棒を駆使してなんとか薬を塗る日々が続きました。そしてhttp://xn--n8jp40a3dsbx085aef6bgg8a.com/というサイトを参考にしながら薬を塗ると同時に、生活習慣の改善にも取り組みました。

当時の私は夜遅くまで本を読んだり、夜中に映画を見ながらポテトチップスを食べたりしていました。食事も、手軽に食べられるコンビニ弁当や、ジャンクフードが中心だったのです。これでは、自律神経が乱れて、ニキビができやすくなってしまいますよね。早寝早起きを心がけ、食べるものは基本的に自炊したり、脂っこい食事を控えるようにしたところ、背中ニキビはだんだん目立たなくなりました。

挙式本番ではすっかりきれいな背中になり、友人たちからも褒められるほどでした。背中ニキビは気づきにくく、それゆえ悪化しやすいと思います。薬と生活習慣の見直しで治すことができて、良かったです。